就学の書類の提出

息子が年長の夏頃、通っているデイサービスから自治体の教育委員会に支援学級か支援学校かの希望を書く書類を提出してもらいました。

私が何もいわなくてもデイサービス側で書類は手配くれました。
書類に親が記入すべきことを記入しただけで何か大変だったことはなかったと思います。

お子さんが幼稚園や保育園に通っている場合は、自分から積極的にその書類提出に関して動かないといけないのではないかと思います。

教育委員会の人と面談

書類提出をした後に教育委員会の方と親子面談しました。
その面談で教育委員会の方が子供に適した就学先を決めるということでした。

私が住んでいる自治体では子供の就学先は親の希望が最終的に通るので教育委員会の判定はあまり関係ないというか就学先の参考の目安にはすべきだけど、教育委員会の判定の結果に絶対従わなければいけないわけではありませんでした。

息子の就学先を迷っていた

私は息子を支援学校に行かせようと思っていましたが、デイサービスの先生から支援学級にしたほうがいいと言われました。

私は息子が落ち着きがないことと排泄が完全に一人でできるわけではなかったので支援学級は無理ではないかと思っていました。

支援学校の見学にも行ってきましたが、支援学級は支援学校よりも学校の内容が大変そうだったので落ち着きのない息子には無理ではないかと判断していました。

でもデイサービスの先生が絶対支援学級でいいと思いますと言ってくださったので支援学級希望にしました。

親子の面談の内容

面談する方一人と私と息子三人で面談しました。
知能テストを息子はしました。
後は息子のことについて面談する方から聞かれて答えました。
一時間ぐらいでその面談は終わりました。

教育委員会から就学判定のお知らせ

確か10月頃に教育委員会から就学先の判定の結果を伝える電話がかかってきました。
結果は支援学校でした。
でも先方はこちらが支援学級を希望していることを確認してわかりましたと言って特に何か言ってくるわけでもなくその電話は終わりました。

先方は判定と親の希望が違っていても特に何も言ってきませんでした。

私は判定結果が支援学校だったので心配になり、通っているデイサービスの先生に電話して支援学校と結果が出たのですがこのまま支援学級を希望していいのかと確認しました。
先生が大丈夫ですよと言ってくれたので支援学級の希望のままにしました。

判定する教育委員会の人は数十分しか息子と接していないので、デイサービスの先生とは判断が違うのだろうと思いました。
でも判定する方の判断は正しいのではないかと思います。

息子は知能テストでわざと違う答えを答えたり落ち着きがなかったので支援学級ではなく支援学校の判定が出るのは当然のことだと感じました。

支援級の体験入学

教育委員会からまた電話があり、支援学級の体験入学の日程を決めました。
体験入学は9月でした。

小学校の支援級の体験入学

詳細は覚えていませんが、午前中に息子を学校へ連れて行き、お昼すぎに迎えにいったと思います。
息子は給食も学校で食べたような気がします。

その日、校長室で校長先生とその日の息子の担当の先生とお話をしました。
息子は体験入学では特に問題なく過ごせたようで体育や国語の授業があり他にも絵を描いたりしたようでした
校長先生には排泄が完璧ではないので支援級でも大丈夫なのか聞きました。

意外にも校長先生はそんなことで迷っているなら気にしなくていいですよと言ってくれました。。
息子は小のほうは大丈夫なのですが大の排泄の時にお尻を自分で拭けません。
排泄は就学を決めるにあたって重要なことと書いてあるのを見たので大丈夫なのだろうかと思いました。

息子は外で大の排泄はしないので今のところはまだ困っていないようです。

こちらは支援学校判定が出てるのに支援級を希望していて図々しいのではないかと思っていたのですが、担当の先生もこちらの学校でお待ちしていますよというようなことを言ってくれて意外な展開になりました。

何より息子が長時間の体験入学に耐えられたことが本当に予想外のことでした。

就学の最終決定は11月頃でした

確か最終的に就学先の決定の電話がかかってきたと思います。
こちらの希望に関して何かいわれることもなく、支援学級に就学と決定しました。

とても不安でしたが、とりあえず就学先は決定しました。

まとめ

就学についてはとても迷いましたが、支援級が合わなかったら支援学校に変えればいいと思いすよとデイサービスの先生が言ってくれたので支援学級を選びました。

支援学級から支援学校へ学校を変える子がいると最近聞いたこともありますし、どうしても合わなければ学校を変えることは可能だとわかったので気にしないことにしました。

息子の普段の施設の様子はわからないので、やはり普段息子と接しているデイサービスの先生からのお話が就学の判断の決め手となりました。

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村