息子の生育歴です

自閉症の息子の誕生した時の様子

体重は2500gより少し小さめで未熟児のくくりに入る体重でした。
黄疸が出て退院が数日遅れました。
そのほかは特に問題ありませんでした

自閉症の息子 0歳~1歳

身体の成長に特に問題はありませんでした。
ただ発語はありませんでした。

一歳半検診

受けましたが、医師は障害なんて全く指摘してきませんでした。
でも一歳半検診のチェック項目をみたとき、息子は何一つできていなかったと思いました。

息子のように軽度の障害だと1歳半検診では普通にスルーされてしまいましたので一歳半検診で問題を指摘されていないから障害はないということはないです。

障害が重度の子のお母さんは一歳半の時点で障害を指摘されたと聞いたことがあります。

2歳

私が発達障害を疑い始めた時期
自治体の保険センターへ相談へ行く

2歳半

総合病院にある小児科に発達障害ではないかと相談へ行く

言葉が出ないので午前中だけ週3日保育園に預けてみる。
それを二ヶ月ぐらい続けるが熱を出したりするのでやめる。

言葉が出ないので保健婦さんから自治体の親子教室への参加を勧められる。
親子教室へ参加するが面倒になったのと私が体調が悪かったので回数全て参加せずにやめる。

3歳

プレ幼稚園に参加して幼稚園への入園が不可能と断られる。
自治体の窓口へ再度相談する。
こども育成の部署の人と話をする。

小児科で再度診察を受けると発達障害かもしれないと言われる。

自治体の運営する総合病院の発達外来を受診する。
自閉症の発達障害だと診断される。

自治体の人から療育施設へいくことを勧められる。
療育施設へ行くための受給者証を発行してもらう。

自治体が運営する療育施設へ通う。(私も一緒に通う。)

三歳半~4歳

引き続き同じ療育施設の年少組のクラスへ通う。(週4回)(私も一緒に通う。)

自治体が運営する療育施設の他に民間の療育施設で個人でotを受ける。(週1回)
通常通っている療育施設以外にデイサービスを一日利用してみる。(週1回)
病院でOTを受ける(月1回)

4歳から6歳

自治体が運営する施設から民間の療育施設デイサービスへ移る。
病院でOTを受ける(月1回)

年中初期の頃にこの二カ所は辞める↓
自治体が運営する療育施設の他に民間の療育施設で個人でotを受ける。(週1回)
通常通っている療育施設以外にデイサービスを一日利用してみる。(週1回)

年中、年長の2年間は一つの幼稚園のような民間の療育施設一カ所に通い、後は病院に併設されたSTとOTに月一回通っていました。

なかなか眠れないので睡眠薬のロゼレムを服用するようになる。

6歳~7歳

病院のST,OTは終了し、近所の民間の精神科に病院を移しました。

公立の小学校の特別支援学級に進学しました。
睡眠導入剤ロゼレムの他にエヴィリファイを服用開始する。

現在2021年

公立小学校の特別支援学級の2年生になりました。
睡眠導入剤ロゼレムは中止し、メラトベルを服用開始する。

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村