息子の発達障害を疑ったきっかけ

息子の自閉症を疑い始めたのは二歳頃だったかと思います。
それまでは障害を疑ったことなどありませんでした。

息子の育児はかなり大変でしたがそれが障害によるものとは思っていませんでした。

ある日、育児の教材、ベネッセの親の読み物を読んでいたところ、つま先立ちをする子は発達障害の可能性があるというようなことが書かれていました。

達障害の子供はお皿に電車の絵が描いてあったら、お皿ではなく自分が好きな電車のほうを注目してお皿を指して電車と言うなどと書いてあったような気がします。

はっきり覚えていませんがそんなことが書いてあってたまたま気に留めたのがつま先立ちのほうでした。

今考えると感覚過敏のせいでつま先立ちをしていたのではないかと思います。

発達障害児の特徴?つま先立ち

息子はいつもつま先立ちをしていました。

それは目に付くほどいつもしていて面白いねと家族で言っていたぐらいです。
部屋の中でいつもつま先だちをしていました。
歩くようになって2歳ぐらいにつま先立ちが目立っていたような気がします。

そこで私は今まで発達障害など全く知識はなかったのですが、発達障害について少し調べました。

そこで自閉症の行動の特徴が、自分の息子に当てはまることが多すぎる事に気がつきました。

気のせいと思いたかったのですがあまりにも該当していたので、怖くなり、自治体の情報誌をみて発達相談という欄を探してそこへ連絡してみました。

保健センターというところに来て下さいと言われました。

私が発達障害を疑って騒いでいた時、夫や近所に住む私の両親は別に息子はおかしくない普通だと言っていました。
私がおかしいのではないかと私の身近な人は言っていました。

息子は落ち着きがなく私は育児が大変でしたがそれは個性の範囲内だと親族は思い、障害などとは誰も思っていませんでした。

でも近所に住む同年齢の親戚の子と比較して息子は少し違っているのではないかと私は感じていました。

息子は人に対して無反応ではありませんでしたが、2歳頃全く言葉は話さず、初対面の人と目を合わせることはなかったので普通の二歳児とは違ったのではないかと思います。

2歳だとあまりにも小さすぎるので、少し奇妙な行動もみんながおかしいと感じることはなく、個性としか思われないのではないかと思います。

その発達障害について調べていた時に自閉症の特徴として床屋さんのくるくる回るサインポールが好きというようなことが書かれていて、息子はサインポールにに全く興味を示していなかったので、「自閉症ではない違う良かった」と思っていたのですが、息子は別の回る物が好きだったので床屋さんのサインポールに限らず、自閉症児は回るものが好きなのではないかと思いました

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村