息子は現在8歳になりましたが、今考えるとこれは自閉症の特徴だったかもしれないと思うことがいくつもあります。

息子がしていた行動が絶対自閉症の子供がするとは決めつけられませんが、もしお子さんの様子が奇妙で疑問を感じると思っている方がいたら参考になさってはいかがかと思います。

息子にみられた自閉症と思われる特徴

2歳ぐらいになっても全くしゃべらない。

普通の言葉を全く話しませんでした。
ママすら言わなかったです。

3歳近くになってアニメに出てきたポテトをみてポテトと言っていたくらいです。
ポテトが好きな食べ物だったからかポテトという言葉を発していました。

言葉が遅いというのは知的障害がない場合でもなんらかの発達障害があるのではないかと私は思っています。
よく男の子は言葉が遅いしと聞きますが、本当にそうなのかな?と思ってしまいます。

逆に言葉をよく話す知的障害のない発達障害の子もいるようです。

とにかく3歳ぐらいになっても言葉を話さず、イエス、ノーすら意思表示できない子供は何か違うのではないかと私は思います。

手を振っても振らない

2歳、3歳になっても私たち人間に対して手を振らなかったと思います。

普通、ある程度成長してきたら、自然に一緒に居る人と離れる時には手を振ると思います。
手を振らず逆さバイバイのようなことを少ししていました。

共同注視できない

私が何かをみていてもも全く反応しないし、見ている方をみることもありませんでした。

目が合わないわけではなかった

全くこちらをみないわけではなく、ふざけていたずらをしてこちらの反応を伺ったりはしていました。

落ち着きがなさすぎる

お店の中など必ず走り回っていました。
電気屋で目線にあるプライスカードをいじったりしていました。

天井が高いところにいくと走りまわる

クレーン現象

1歳4ヶ月ぐらいから始まりました。
物を取りたいときに人の手をつかみます。

結構ずっとやっていました。
この行動は自閉症の特徴だと思います。

育児書と全くあわない

育児書が全く通用しないし、一歳以降は育児書と全く成長があいませんでした。
その時点で障害を疑ったほうがいいと思います。
ベネッセの教材もおもちゃには反応していましたが、本などには全く興味を示しませんでした。

本を全く読まない

本にはほとんど興味を示しませんでした。
飛び出す自動車の本だけ喜んでみていました。
今でも本には興味がありません。
比較的乗り物などが載っていればまた見るかもしれませんがほとんど興味を示しませんでした。

でも障害があるお子さんで絵本を読むお子さんはいます

呼びかけても無視する

話しかけても無視をされていました。
今考えると無視をしていたのではなく、言葉を全く理解できていなかったのだと思います。

プレ幼稚園、自治体の親子教室で団体行動ができない

集団行動が全くできませんでした。

教室内のイスに座っていられないで部屋を走り回っていました。
これも自閉症というか障害の特徴ではないかと思います。
普通の子とは決定的に違うのではないかと思います。

でも障害がある子でもおとなしく座って話をきいている子が大半なので息子のようなタイプも珍しいのかもしれません。

プレ幼稚園で部屋から出て行く

普通に座っていられないし、作業が全くできませんでした。

ハサミなど使えないので工作など全くできませんでした。

プレ幼稚園の会場である体育館で走り回ったり、外に出ようとしたりしました。

箱のような直方体をみつけてはまわしていた

ティッシュの箱やおもちゃのつみきなどを床に置いて手で回していました。
直方体がまわるレストランの看板をみて喜んでいました。

おもちゃの車のタイヤをよくみていた

よく寝そべって車を動かしてそのタイヤを見ていました。

1,2歳のころよくやっていたと思います。

つま先だちをしていた

2歳頃から家の中でつま先立ちをしていました。

トミカを並べていた

ミニカーのトミカをたくさん一列にならべていました。

ぐるぐるまわっていた

本人が自分を軸にしてぐるぐるまわっていました。
フィギアスケートの選手のようにまわっていました。

円を描くように走って回ってもいました。

ジュースは飲まない

子供が喜ぶはずのジュースを全く飲みませんでした。

気に入らないとねっころがって意思表示していた

3歳頃、気に入らないと外で地面に寝転んで嫌だと意思表示していました。

つばをはく

ヨダレは垂らさないがよくつばをはいていました

100回ぐらいはくこともあって汚くてとても嫌でした。

今考えると気に入らないことがあって話せないから吐いて嫌だと意思表示していたのだと思います。

頭突き

今も眠い時していますが、三歳の頃、他人に対してよくしていました。

エレベーターがあると喜ぶ

全く話せない2歳ぐらいの頃、ベビーカーで外を歩いていてエレベーターがあると喜んでいた

同様に自動ドアがあるとそれをずっとみていました。

スーパーの厨房へいくほうにある銀色の扉をよくみていました。

片手をヒラヒラさせながら走る

一歳半頃片手をヒラヒラさせながらよく外を走っていました。
自閉症の特徴かどうかはわかりませんが、よくやっていたと思います。

今なんとなく思い返してみてもこれだけ出てきました。

息子のこれらの行動が自閉症の行動とは限らないかもしれませんが、普通の子供はしないのではないかと思います。
また思い出したら追加していきます。

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村