デイサービスの卒園式が終わる

先日、無事息子が通っている児童発達支援の施設、デイサービスの卒園式が終わりました。

息子のデイサービスは自治体が運営する施設ではなく、自体から委託されている個人経営の施設です。
施設の経営者が幾つか経営している他の施設と合同で卒園式を行いました。

場所はいつもの教室だったので息子は動揺することもありませんでしたが、私がいると落ち着かないようで私のほうばかりみていました。

でも一応、卒業証書は普通に受け取って特に問題を起こさなかったのでよかったです。

一番最初に療育施設に入った3歳ごろは卒園式の時にイスに座って待って卒業証書を受け取る事ができるなんて想像もつきませんでした。

3年経ったら随分変わるものです。

年少の時に最初に入った自治体の療育施設では入園式の時に体育館に入ることができず、教室でウロウロしているだけでした。

その時、私は絶望していたことを覚えているのですが、息子でもここまで成長したので、どんなお子さんもみんなそれなりに時間の経過とともに絶対成長していくものなのではないかと思いました。

ありがたいことに卒園式は終わりましたが、デイサービス自体は3月末日まで通うことができるので、息子は卒園式後も毎日楽しくデイサービスへ通っています。

来月は小学校の入学式

息子は来月、普通の小学校に支援級に入学するので普通の小学校の入学式という大きなイベントが待っています。

広くて大きくて慣れていない体育館という場所に一番最初にいって一時間ぐらい入学式に参加しなくてはなりません。

私と主人が一緒に行く予定ですが、今からどうなってしまうのかとても心配です。

今までの施設では周りも障害者のある子供達とその親御さんの世界だったので、イベントごとで多少なにかあっても大目にみてもらえたわけですが、次は普通の小学校なのでまわりの環境がかなり違います。

普通級に入学する普通の子供達とその親御さんからしたら、障害がある子供の奇妙な行動はとても奇異に映ると思います。

息子だけでなく、親の私もそのまわりの環境の変化がどう生活に影響してくるのか今からとても心配です。

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村