小学校の支援級に通っています

息子は6月から無事公立小学校の特別支援学級の一年生になることができました。

同時に大手療育教室とデイサービスにも通い始めました。

あじさい

息子は特別支援級の情緒級と呼ばれるクラスにいます。

知的障害のクラスもあるのですが、息子は軽度の知的障害なのになぜか情緒級のクラスの所属になっていました。

体験入学などの先生の意見などで決めたのではないかと以前通っていたデイサービスの先生に言われましたが、私は知的障害のクラスに所属すると思っていたのでなぜ息子が情緒級の所属になったのか謎だと思っています。

情緒級と知的障害のクラスにどんな違いがあるのかよくわかりません。
息子は周りの子供達について行けるのかと心配でしたが今の時点では特に問題なく過ごしているようです。

入学式ではいうことをきかず

入学式ではいうことがきけず私のそばから離れられずに式は終わりました。
先生のいうことも聞かないので先生も困っているようでした。

私は二年前のデイサービスでの入園式でも同様のことがあったので少しも成長していないなと思いました。

子供
子供

息子はデイサービスの卒園式では特に問題は起こさなかったのに小学校の入園式ではいうことがきけませんでした。

幸いなことに入学式は30分程度で終わったので息子がすごく目立ってしまうこともありませんでした。

息子がいっている小学校は昔から特別支援学級がある小学校なので、周りの人も特に気にしていないのではないかという気がしました。
その点は救われています。

大手の療育施設での様子

学校が始まると同時に大手の療育教室にも通い始めました。
4月から6月までは教材だけを療育教室から送ってもらっていました。

その療育教室で初めてのレッスンを受ける日に全く先生のいうことをきかずに教室をウロウロしてほとんどなにもせずに終わってしまいました。
その後、2回もそんな感じだったので私はもうその教室をやめたほうがよいのではないかと思いました。

教室にそのことを伝えるともう少し様子をみてはどうかと言われ、結局、その後のレッスンでは先生のいうことを聞いて席についてレッスンを受けることができたので教室を続けることにしました。

デイサービスでの様子

デイサービスは学校に慣れるまで行かなくても良いのではないかと思ったのですが、デイサービスの人に早く慣れたほうが良いと言われたので学校が始まって3週目あたりから行かせることにしました。

とりあえず週3回にしたのですが、結局まだ週3回はいったことはありません。

デイサービスに行くと疲れてしまうようなのであまり無理はさせないほうが良いかと思います。

そのデイサービスは支援級の男の子が多いようだったので息子の遊び相手はたくさんいるのではないかと思います。

本人はデイサービスは行きたくないと行っていますが、自宅にいるとYOUTUBEばかりみているので私はデイサービスに行っているほうが良いのではないかと思っています。

学校での給食

息子は偏食なので学校の給食が食べられているのか心配でした。
完食はできていないようですが一応、少しは食べているようです。

息子はパンよりご飯が好きなのですが、給食が始まったときは毎日パンだったので食べられなかったのではないかと思います。

学校の送り迎え

支援級の生徒は基本的に親が送り迎えをします。
学年が上になって通学班で通学する子もいるようですが、低学年はおそらくみんな親が学校へ送迎しています。

私ももちろん送迎しているのですがうちは学区外ですがそんなに学校から遠くないです。
でも微妙な距離で歩くと教室まで15分ぐらいはかかると思います。

だから私は自転車か車で送っています。
デイサービスがある日は帰りは迎えに行かなくて済むのでとてもありがたいと思います。

学校へ迎えに行くとデイサービスの迎えの方も多くて誰が親御さんなのかよくわからない状態です。

先生と毎日顔を合わせるので息子の様子を聞けるのはよいと思います。

まとめ

やっと学校が始まりましたがとりえあえず息子は嫌がらずに学校へ行っています。
最初の3日ぐらいは嫌がって学校へ行ってから私に抱きついて泣いていましたが今はそんなことはありません。

支援級は少人数のクラスで先生が二人で見てくれていますし、息子も安心して過ごせているのではないかと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村